どこよりも安い引越し業者は口コミで探し当てよう

快適に新生活を

段ボール

まず最初にやりたいこと

引越が決まったら、色々な手続きの必要があります。行政関係などの公的な手続きから、私的な手続きまでたくさんありますが、新居ですぐにいままでと同様に快適な生活を送るために、手続きは見落としなく進めたいものです。引越日から逆算して準備リストを作り、手続をするともれなく進めることができます。賃貸の場合は現在の住居の解約手続きがあります。退去日を決めたら、賃貸契約書などを読み、管理会社や家主などに連絡しましょう。その際に、粗大ごみや不用品についても処分やリサイクルについて確認しましょう。リサイクルしたり、個人で処分手続きが必要な場合は自治体の規則に沿って処分の手続きをとりましょう。必要によって、専門業者に引き取りの予約を入れます。引越シーズンなどは混雑が予想され、希望の日時がとれない場合も考えられるので、早めに確認が必要です。同じく、学校や保育園などの手続きも自治体によって違うので早めに確認と申請を済ませましょう。転居ハガキの作成、新聞販売店・宅配会社・郵便局への転居届なども忘れずに行うことによって、旧住所に届いてしまったものでも、一定期間は引越さきの新しい住所に転送されるようになります。

順次進めること

引越の2週間前には、各種行政機関への手続きも済ませます。住居移動の届け出(転入出届など)、福祉関係、年金、保険、印鑑登録などです。続いて、電力会社、水道会社、ガス会社への利用停止、電話会社、インターネットプロバイダへの移転連絡などのライフライン関係も手続きします。行政関係とライフライン関係はもれのないよう忘れずにチェックしましょう。転居ハガキの発送もこの時期にしておけば、連絡の引き継ぎもスムーズになります。引越後もやることはたくさんあります。ガスの開栓は立ち合いが必要なので、事前に日時の確認をしましょう。また、住居と学校・保育園などの転入届、各種料金が口座振替の場合は住所変更、運転免許証・クレジットカードなどの住所変更も必要です。そして忘れてはならないのが、大家さんや近隣のかたへの挨拶です。その時には、自治体によってはゴミの出し方や広報誌の受け取りなど色々なルールがあるので、必ず確認しましょう。また、引っ越し業者のHPには引っ越しの前にすべきことを整理したページがあります。これを見ておけば、どのような手続きを優先したらいいのか把握できるでしょう。